828                                                    「あかしの石」

―最も重要な預言B
        ~ダニエル書と黙示録の研究a
「み言葉が開けると光を放って、無学な者に
 知恵を与えます」   

  詩篇119-130

(ウィリアム・ミラー)は、詩篇記者の次の言
葉が真実であることを経験した。「み言葉が開
けると光を放って、無学な者に知恵を与えます」

(
詩篇119-130)

 彼は、非常な興味をもって、他の聖句の解釈
と同様の原則を用いつつダニエル書と黙示録を
研究し、預言的象徴が理解できることを発見し
て大いに喜んだ。彼は、その時までの預言が、
文字どおりに成就したことを知った。また、さ
まざまな
比喩(ひゆ)、隠喩、たとえ、類似などは、
みな、その前後関係で説明されるか、それとも、そ
こで表現された言葉が他の聖句によって定義づけら
れているかであることを知った。そして、このよう
に説明されたとき、それは文字どおりに理解すべき
であった。「こうしてわたしは、聖書が、啓示された
真理の体系であって、道を行く者が、たとえ愚かで
あっても、迷う必要がないほど、明らかに単純に与
えられているのに満足した」と彼は言っている。預言
の大筋を一歩一歩たどっていったときに、真理の鎖
が一つずつ明らかにされて、彼の努力は報いられた。
天使が彼の心を導き、聖書を彼に理解させた。
                          各時代の大争闘 p5~6