10月27日                           「あかしの石」
イエス様が教えてくださった医事伝道、福音伝道―
 
第3部聖所のきよめと第三天使の使命  
                チェチャスン編著
 「私たちは教会全体にリバイバルが起こるのを願っ
ているのだろうか。そのような時は決して来ないであ
ろう。教会の中には悔い改めていない者たちがおり、
熱烈で力ある祈りに合流しない者たちがいるであろう。
私たちは個別に働きに献身しなければならない。私た
ちはよりたくさん祈り、より少なく話すべきである。」
(セレクテッドメッセージ1巻、122)

 「聖霊が注がれる時、先の雨を受けず理解できなかっ
た者たちは、後の雨の価値を知ったり、理解できない
ということを私たちは確信できる。」(Testimonies to
Ministers and Gospel Workers、399)

 「後の雨は体と心のあらゆる汚れたものを捨ててき
よめ、神を畏れ、きよめを準備した人たちにのみ注が
れる。」(教会への証1巻、618)

 「受けた光に従って生きる人々だけが、もっと大き
な光を受けるであろう。私たちが積極的にクリスチャ
ンの美徳の本質に従って毎日前進しなければ、私たち
は後の雨の注ぎを悟ることもできない。後の雨の聖霊
が周りの人々に注がれても、私たちはそれを悟ること
もできず、受けることもできないであろう、」(Testi
monies to Ministers and Gosper Workers、507)

 「教会の人たちが生き生きと働く教会となる時、彼
らの誠実な要求に対する応答として聖霊が与えられる
であろう。……
 その時に天の窓は、後の雨が豊かに降り注ぐために
開かれるであろう。」(Last Day Events,193)
                   p256~257