12月23日                           「あかしの石」
イエス様が教えてくださった医事伝道、福音伝道―
 
第4部 証のために宣べ伝える
                チェチャスン編著
 「神はご自分に仕えることに関連するすべてのこと
に関して特別な指示をモーセに与えられた。神は、さ
らに彼らの家を整理することに関する指示を与えられ、
神に仕える者たちが着るべき服を明示された。彼らは
すべての事に秩序を維持しなければならず、清潔を維
持するため特別な注意を払わなければならなかった。」
(教会への証2巻、611)

 「神の聖なる真理を説教するすべての人は、行動と
衣服などを正しくかつ非の打ちどころのない適切なも
のとし、私たちを関わるすべてのことが、私たちの聖
なる宗教をよく現すものとならせるべきである。服装
そのものが未信者たちに真理を奨励することになるだ
ろう。それ自体が説教となるであろう。」(教会への証
2巻、612)

 「服装に不注意な牧師は、よく感覚の洗練された人々
の心を傷つける。これらの方面に過ちのある人々は、
自分たちの過ちを直し、より注意しなければならない。
ある魂を失う要因の始まりが、牧師の端整でない身だ
しなみにあることを発見するであろう。第一印象が人々
に好感を与えないのは、彼らがその牧師の姿と、彼が
提示する真理を全くつなげることができないからであ
る。彼の服が彼を不利にしていたのである。しかも、
彼が代表する人々は、彼らの着こなしに注意しない不
注意な階層の人々だという印象を与える。そして彼の
言葉を聞く者たちは、そのような階層の人々と関りを
もちたがらないのである。……神は、ご自分の聖なる
働きに従事している人々が外見に無関心であるがため
恥をかいている。」(教会への証2巻、613)

 「主はご自分の牧師たちが純潔できよく、彼らの生
活の中で真理の原則を正しく現し、彼らの模範を通し
て、他の人々を高い水準に引き上げることを期待され
る。」(教会への証2巻、614)
                   p272~273