7月1日                            「あかしの石」
初代文集―
 経験と幻
                 Ellen G. White
「『神はあなたのために、御使たちに命じてあなたを
守らせるであろう』とあり、また、『あなたの足が石
に打ちつけられないように、彼らはあなたを手でささ
えるであろう』とも書いてあります。」
                  ルカ4 -10,11
「『やみの中から光が照りいでよ』と仰せになった神
は、キリストの顔に輝く神の栄光の知識を明らかにす
るために、わたしたちの心を照してくださったのであ
る。しかしわたしたちは、この宝を土の中に持ってい
る。その測り知れない力は神のものであって、わたし
たちから出たものでないことが、あらわれるためであ
る。わたしたちは、四方から患難を受けても窮しない。
途方にくれても行きづまらない。迫害にあっても見捨
てられない。倒されても滅びない。」
               コリント第二 4- 6~9
「なぜなら、このしばらくの軽い患難は働いて、永遠
の重い栄光を、あふれるばかりにわたしたちに得させ
るからである。わたしたちは、見えるものにではなく、
見えないものに目を注ぐ。見えるものは一時的であり、
見えないものは永遠につづくのである。」
              コリント第二 4- 17,18
                    p84~85