7月8日                            「あかしの石」
初代文集―
 経験と幻
                 Ellen G. White
「わたしの名によって願うことは、なんでもかなえて
あげよう。父が子によって栄光をお受けになるためで
ある。何事でもわたしの名によって願うならば、わた
しはそれをかなえてあげよう。もしあなたがたがわた
しを愛するならば、わたしのいましめを守るべきであ
る。」             ヨハネ 14 -13~15
「あなたがわたしにつながっており、わたしの言葉が
あなたがたにとどまっているならば、なんでも望むも
のを求めるがよい。そうすれば、与えられるであろう。
あなたがたが実を豊かに結び、そしてわたしの弟子と
なるならば、それによって、わたしの父は栄光をお受
けになるであろう。」       ヨハネ 15 -7,8
「ちょうどその時、けがれた霊につかれた者が会堂に
いて、叫んで言った、『ナザレのイエスよ、あなたは
わたしたちとなんの係わりがあるのです。わたしたち
を滅ぼしにこられたのですか。あなたがどなたである
か、わかっています。神の聖者です』。イエスはこれ
をしかって、『黙れ、この人から出て行け』と言われ
た。」              マルコ 1- 23~25
「わたしは確信する。死も生も、天使も支配者も、現
在のものも将来のものも、力あるものも、高いものも
深いものも、その他どんな被造物も、わたしたちの主
キリスト・イエスにおける神の愛から、わたしたちを
引き離すことはできないのである。」
                ローマ 8 -38,39
                      p87